neko-chigura猫ちぐらとは、ワラを編んで作くられた猫用ハウスで、かまくら型やつぼ型をしたものが多く新潟県の伝統民芸品のひとつです。

米どころの新潟県では、乳幼児を稲のワラで編んだカゴに入れておく習慣があり、そのカゴをネコ用に改良したのが猫ちぐらです。天然のわらで作られてた猫ちぐらは保湿性が高く通気性があり、夏は涼しく冬は暖かく温度管理ができます。

稲ワラの猫ちぐらはとても人気で予約待ちの状態ですが、ワラの他にも藤(ラタン)製などで作られてものもあります。天然素材なので見た目もアジアンなインテリアのようで、家具との調和もぴったりです。

詳細、価格は以下のサイトで。

猫グッズの画像
  • 楽天で商品をみる
  • アマゾンで商品をみる