ホビー :

ホビー

5

脳波で動く ネコ耳

脳波で動くネコ耳、人がネコのようだ!

nekomimi-nohaインカムでもコスプレ用のネコ耳でもない、本物の猫のようになれる脳波で動くネコ耳『necomimi(ネコミミ)』です。

このネコミミを付けた状態で集中すると耳がピンと立ち、リラックスすると耳は寝た状態に、集中したうえでリラックスできると立った耳がピクピクと動きます。

この『necomimi(ネコミミ)』を着ければ、新しいコミュニケーションが可能になるかも。イベントやパーティーで盛り上がること間違いなしです。

ニャー将棋(にゃーしょうぎ)

子どもから大人まであそべるネコの将棋

nya-shogi
ニャー将棋にゃーしょうぎ)」とは、子供向けの簡易将棋ゲーム「どうぶつしょうぎ」をさらにネコに置き換えたゲームで、将棋マンガ「3月のライオン」で登場し、コミック第9巻の限定付録として実物も作られています。原作者でありニャー将棋のネコのデザインをした羽海野チカさんは「ハチミツとクローバー」の作者としても有名ですね。NHKで放送中(2016年11月現在)のアニメ版では「ニャー将棋音(にゃーしょうぎおんど)」という挿入歌も作られました。

「3月のライオン」の面白さをお伝えしたいところですが、そちらは「3月のライオン9巻のレビュー」をご覧ください。

ニャー将棋のルールは「どうぶつしょうぎ」と同じ。12マスの盤と8枚のコマ(王、飛車、角、歩)で王様を取ったほうが勝ちになります。子ども向けの将棋入門ゲームですが、将棋よりもルールが簡単でゲームにかかる時間も短いため、大人でもパーティーグッズとしても楽しめます。

ナノブロック 猫

小さなブロックで組み立てるネコ

nanoblock-neko小さな小さなレゴブロックのナノブロックで組み立てたネコ。

基本は写真のような姿ですが、好みに合わせて三毛猫のように色を変えたり、もっと違うネコを作ったりすることもできます。組み立て方はアイデア次第。発想や工夫次第でもっとリアルなネコやかわいいネコにすることも可能です。完成したネコは部屋のインテリアとして飾りたいですね。

猫 ぬりえ

アート感覚も磨ける、かわいいネコの塗り絵

neko-nurie塗り絵というとこどものものというイメージがありますが、最近は大人向けの塗り絵も出ています。そんな塗り絵からネコの絵ばかりの塗り絵もありました。

塗り絵をすることで集中力が高まりリラックスできるという効果もあるそうです。もちろん色彩などの美術的な感覚も養われます。お手本の絵の通り塗るってもいいですし、自分で配色を考えてオリジナルの絵を完成させても楽しいです。色鉛筆だけでなくサインペンや絵の具、クレヨンなど塗る道具も好きなものを選んでください。上手に塗れたら額に入れて飾るなんていうのもオシャレですね。

エジプトの猫の女神像

手のひらサイズのエキゾチックな置物

bastetoバステトとは、エジプトの神話に登場する猫のすがたをした女神です。その手平サイズの女神像。

ネコグッズにはネコの可愛らしさを感じるものが多いですが、こちらはエキゾチックで威厳があり、部屋や机のうえのインテリアとしてもおしゃれ。手のひらサイズなので場所を取らず、本棚などのちょっとしたスペースにも飾ることができます。

にゃんこ鍋パズル

フタが閉まれば完成!パズルになったネコ鍋

neko-pazuru一風変わった猫の立体パズルです。さまざまなポーズの猫を鍋の中にならべてフタが閉まればパズルとして完成です。写真は三毛猫ですが、黒猫や茶猫のバージョンもあります。

実際の大きさはお茶碗ほどなので小さめ。パズルの難易度はそれほど難しくないので誰でも気軽に遊べます。パズルをしないときは猫を並べて飾るのも楽しいです。

ネコの積み木

12匹のユニークな猫達の積み木

tsumikiインテリアとしてもおしゃれなネコの積み木。工夫次第で左の写真のようにかなり絶妙なバランスで積み上げることも出来ます。

猫の姿を再現するために欠けやすかった細かな細工も、堅いブナ材にすることでおぎなわれてます。素敵な積み方ができたらそのまま飾ってもいいですし、記念写真に残してもいいですね。色を塗ってもグッド!

子供はもちろん大人も思わず夢中になって遊んでしまうネコの積み木です。

5